岡田会は、奈良県桜井市を拠点に、地域医療と介護サービスを提供しています。

文字サイズ

  • 標準
  • 大きい

HOME > 活動レポート

各施設での取り組みや活動の様子をご紹介しています。

やまのべグリーンヒルズ☆委員会活動報告☆new

介護事業部には各種『委員会活動』があります。

職員がそれぞれの委員会に所属しています。委員会での決定事項等を

各部署に持ち帰り、職員に伝達することで日々の業務に活かされています。

 

今回は『災害対策委員会』の活動をお伝えします。

『災害対策委員会』は災害に備える事前対策、災害発生時の行動方針、

災害発生後の活動指針等、施設独自の災害対策を検討しています。

また、岡田会災害対策委員会と連携を行い、介護事業部での災害マニュアルを整備しています。

 

2月の委員会では法人で購入したエアストレッチャーの使用方法を学び、実際に使用してみました。

施設においてあるエアストレッチャーは階段の上り下りが出来ます。3か所をベルトで固定すること

により、安定感がありました。実際に階段を下りた時も体への振動や衝撃が無く、安心して避難できました。

 

 

 

 

今回、委員会で学んだことは各部署の職員へエアストレッチャーを使用し伝達しています。

大規模災害時でも落ち着いて行動し、利用者様の安全確保につなげたいです。

 

季刊紙45号

2018年が明けました。

今年も皆様にとりまして良き年となりますよう、日々、努めてまいります。

さて、本年度の第一弾となります季刊紙やまのべ45号も完成いたしました。下記PDFをクリック頂けますとご覧いただけます。

今年もよろしくお願いいたします。

季刊紙45号(3.76MB)

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、左のバナーよりダウンロードして閲覧ください。

介護技術研修会(職員対象)を行いました。(9/21・10/5)

介護事業部の年間研修計画に沿って、介護老人保健施設やまのべグリーンヒルズ1階フロアにて、『介護技術基礎研修』『自主トレーニングについて』の職員研修を行いました。

講師はグリーンヒルズ配属のリハビリ和田主任(作業療法士)で、沢山のセラピストの協力のもと2日間で約90名程の看護・介護・相談の職員が参加しました。

普段利用者様が行われている自主トレーニングの目的や提供の方法をあらためて参加者である職員自身が体感することで、よりその方にあったケアに繋げれると考え、積極的な参加が見られました。

これからもより良いケアが行えるよう、介護技術の向上に努めたいと考えます。

季刊紙 やまのべ 44号

秋の足音が聞こえ始め、過ごしやすくなってきました。

季刊紙やまのべ44号が完成いたしました。下記PDFをクリック頂けますとご覧いただけます。

季刊紙 やまのべ 44号(4.42MB)

PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、左のバナーよりダウンロードして閲覧ください。

第21回 やまのべフェスティバル 2,017 開催ご報告♫

8月27日(日)に「第21回 Yamanobe Festival 2,017 ~笑顔でつながる思い出のわ~」題し、入所者様・通所者様・ご家族様そして地域の皆様方等の沢山の方々にご参加いただき、夏祭りを開催いたしました。

 

 

 

施設内ステージでは、フルート演奏から始まり、太鼓演奏フラダンスマジックショー抽選会と続きました。

 

        

 

 模擬店ブースでは、たこ焼きやフランクフルト、当てもの、ヨーヨー釣り・・・等 、『17ブース』と大盛況。

 

          

 

桜井市のキャラクターひみこちゃんは、沢山の皆様と写真撮影をしたり、ステージにも出演!

 

   

 

沢山の地域の皆様、ボランティアの皆様等にご協力いただき無事に閉会致しました。皆様と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

今後とも皆様、宜しくお願い致します!(^^)!

Copyright (C) OKADAKAI.All Rights Reserved.