1. 岡田会TOP
  2. 岡田会とは

岡田会とは

やさしさを すべての方に。

岡田会が運営する「やまのべグループ」の各拠点では
患者様に、身体的な回復、精神的な回復をしていただくために、
多様なサービスを提供するべく、日々様々な課題に取り組んでいます。

理念

正義・友愛・奉仕

大和は国のまほろばー医療法人社団岡田会は、
日本の歴史が始まったとされる、まきむくの地にあり、
病める人々や介護が必要な人々へ、公平な医療と介護が提供できるよう、日々努めています。

基本方針

医療にヒューマニズムを

【行動指針】

  1. 私たちは、ご利用者様のことを最優先に考えます。
  2. 私たちは、どんな場合も迅速で気持ちの良い対応と感じていただけるよう心がけます。
  3. 私たちは、ご利用者様のプライバシーを守り、人権を尊重します。
  4. 私たちは、インフォームド・コンセントに心掛け、ご利用者には、常にわかりやすい言葉で説明します。
  5. 私たちは、ご利用者様の同意に基づき、公正で適切な医療を行います。
  6. 私たちは、医療人としての自覚と技術の向上のために、日々研鑽に努めます。

誓い

【職員としての誓い】

  1. 私達は、私達の職域を通じて、地域社会に貢献します。
  2. 私達は周りの人の苦しみ、悩みを理解するよう心がけ、温かく、思いやりの心をもって接します。
  3. 私達は心身の健康に留意し、安定した精神状態を維持し、冷静で客観的な判断を心がけます。
  4. 私達は積極的に知識、技術の向上を図ります。
  5. 私達は私達の仕事を単に生活の手段としてではなく、社会的な責任を担った仕事をしているという自覚のもとで、業務を遂行し、もって自分自身の人間的成長を図ります。
  6. 私達は職員同士の人間関係を円満にし、一致団結して全てに努力します。
  7. 私達は以上のことを留意し、公私にわたって規律を守り、品位、名誉及び信用を大切にいたします。

岡田会概要

医療法人名
医療法人社団 岡田会
所在地
〒633-0081 奈良県桜井市草川61番地の1
TEL
0744-45-1199
FAX
0744-42-1320
設立
1982年(昭和57年)3月31日
認可
1982年(昭和57年)5月29日
代表者
理事長 岡田 二朗

事業内容

医療法人社団 岡田会

  • 山の辺病院

    桜井地区二次救急輪番病院・橿原市二次救急輪番病院

    • やまのべインプラントセンター

      チタン材料のインプラント治療を行っています。

    • やまのべ健診センター

      健診/人間ドック・脳ドック・等と行っています。

    • 口臭検査センター

      口臭検査による健康診断(口腔内/内臓・消化器)を行っています。

  • 山の辺病院併設 やまのべリハビリセンター

    桜井地区二次救急輪番病院・橿原市二次救急輪番病院

  • 在宅介護支援センター やまのべ

    居宅介護支援事業を行っています。

  • 指定介護老人保健施設 やまのべグリーンヒルズ

    入所定員100名/通所定員50名の規模で介護事業を行っています。

  • 指定通所介護施設 デイサービスやまのべ

    通所介護事業を行っています。

  • 訪問事業所アップル

    訪問看護・訪問介護・居宅介護支援事業を行っています。

  • 認知症対応型通所介護施設 ワッハ山の辺

    認知症対応型通所介護事業を行っています。

  • 老健併設型短期入所生活介護 やまのべオレンジヒルズ

    グリーンヒルズに併設して短期入所生活介護を行っています(入所定員20名)。

  • 山の辺病院歯科

    一般歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科の各診療を行っています。

関連事業 : 学校法人青丹学園

  • 関西学研医療福祉学院

  • ヴェールルージュ美容専門学校

沿革

昭和58年 3月
山の辺病院、桜井市草川60番地に竣工
昭和58年 5月
「医療法人社団岡田会 山の辺病院」として、地域医療及び救命救急医療に貢献するためにオープンする
(診療科目、内科.外科.整形外科.麻酔科、ベッド数、当初99床中63床を使用)。
昭和59年 7月
診療科目に「脳神経外科」を増設。
昭和60年 11月
入院患者数の増加に伴い、99床を使用。
昭和63年 5月
救急患者の増加に伴い、「集中治療室」を設置。ベッド数を100床に増床。
昭和63年 11月
外来患者に適切に対応するために診察室を増設。
昭和63年 12月
患者のニーズに合わせて病院を増築。2階及び3階に44床を増やし、合計151床となる。
平成8年 7月
「介護老人保健施設 やまのべグリーンヒルズ(100床)」を開設。近隣の住民の期待に答え、高齢者の介護の充実をはかる。
桜井市の委託をうけ「在宅介護支援センターやまのべ」を開設。
平成9年 7月
「訪問看護ステーション「アップル」を桜井市に開設。
平成10年11月
「訪問看護ステーション「ライフサポート」を奈良市に開設
平成11年 3月
3階病棟を増築。「療養型病床群」病棟を設置。長期療養者の看護及び介護の充実を目指す。
平成11年 4月
「リハビリテーション科」を開設。機能回復訓練の充実をはかる。
平成12年 4月
介護保険制度はじまる。「ライフサポート」を「ならまち」に改名。
平成12年 12月
リハビリテーション棟を増設、理学療法Ⅱ、言語療法始める。
平成13年 5月
作業療法II開設。やまのべリハビリセンターとしてリハビリテーション部門を一層強化。
平成14年 7月
一般病棟にシフトし、3:1看護に上げ、近い将来2.5:1看護を目指す。
平成15年 4月
介護保険法が改正される。
平成15年 5月
「デイサービスやまのべ」をオープンし、デイサービスを充実。
平成15年 5月
「皮膚科外来」を開始。
平成15年 7月
「歯科、歯科口腔外科」を開始。インプラント歯科、審美歯科などにも力を入れる。
平成15年 7月
内科「糖尿病専門外来」を開始。療養指導にも力を注ぐ。
平成16年 1月
適時適温給食を実施し、管理栄養士による栄養指導に力を入れる。(特別管理)
平成16年 2月
「矯正歯科」を診療科目として標榜。
平成16年 3月
3階東病棟(27床)を回復期リハビリテーション病棟として届け出し、受理される。
平成17年 6月
3階西病棟(45床)、療養病床として届け出し、受理される。食堂/談話室を設けアメニティの向上を図る。
平成18年 2月
NSTプロジェクトへの取り組み(栄養管理/褥瘡治療に力を入れる。)
平成18年 4月
総合リハビリテーション施設の施設基準取得。脳血管リハⅠ(理/作/言)・運動器リハI・呼吸器リハI
平成18年 4月
電子化加算・救急医療管理加算・歯科疾患総合指導料・歯科治療総合医療管理料の施設基準取得
平成18年 7月
褥瘡患者管理加算・診療録管理体制加算の施設基準取得
平成18年 10月
地域密着型通所介護施設「ワッハ山の辺」を開設。
平成20年 4月
老健併設型短期入所生活介護「やまのべオレンジヒルズ」を開設。
院調整加算の施設基準取得
平成24年 4月
救急搬送患者地域連携紹介加算・救急搬送患者地域連携受入加算・CT撮影及びMRI撮影・大腸CT撮影加算・外来リハビリテーション診療科の施設基準取得
平成24年 4月
回復期リハビリテーション病棟を52床に増床。
平成27年 4月
介護老人保健施設「まきむく草庵」(80床)をオープン。全室個室ユニットケア
平成29年 5月
山の辺病院南館オープン