1. 岡田会TOP
  2. やまのべリハビリセンターTOP
  3. 理念

やまのべリハビリセンター

理念

リハビリテーション部の理念

患者さんから学び、患者さんにかえすリハビリ

一人一人の患者さんを大切にし、患者さんと共に考える治療を目指します。

個別担当制とチームアプローチ

1人の患者さんに1人のセラピストが担当し、責任をもつこと。その上でセラピストだけでなく、他の病棟スタッフとの合同学習会、家族教室、母子教室を導入するんどチームを組んで、患者さんを治療します。

楽しんでリハを受けていただき、気がついたら、治療改善しているリハビリ

各セラピストが個々の患者さんの楽しみを考慮し、音楽やゲーム、趣味を活かしての治療改善のリハビリを行っています。月~金まで毎日レクリエーションを取り入れアシスタント(保育の資格を持ったアシスタントもいます。)と共に、楽しみながらリハビリを受けていただき希望につながるようにしています。

リハビリテーション部の取り組み

回復期病棟では365日体制でリハビリを行っています。
介護とリハの協力体制のもと、24時間の生活のリハビリを行っています。

毎週、老健、病院(急性期病棟、医療療養型病棟、回復期病棟)各病棟で合同研修を行い看護師・介護士とリハとで実技伝達をしています。リハ看護の育成に(PT・OT・ST)が全面協力しています。

月に1回の家族介護教室でお家族にも寄り添うリハビリ

障害を持たれた方だけでなく、そのご家族にもサポートする(具体的には介助方法や能力アップにつながるアプローチ方法の習得を目指す)ことで、共倒れにならないですむ、あるいは能力の改善をご本人・ご家族やセラピスト等で一緒に喜びあえるよう務めます。

臨床研究会

臨床基礎・応用講習会、多職種講習会を行っています。

当センターのリハスタッフ、当法人の看護、介護スタッフ、外部からの受講生(リハスタッフ、教員、工房 他)の合同でタッチング(ふれあい)を中心に講習会を行っています。

  • 臨床研究会
  • 講習会