1. 岡田会TOP
  2. やまのべリハビリセンターTOP
  3. 特色ある試み

やまのべリハビリセンター

特色ある試み

小児の治療(脳性麻痺児や発達障がい児など)

脳性麻痺児や発達障害児の発達段階に応じた、治療や支援を行います。
PT、OT、STそれぞれが専門性を生かして週1回の訓練を行います。

姿勢保持や、立位訓練に必要な座位保持椅子や下股装具などの作成ができます。
担当のセラピストも作成に入り、その子どもさんや適切な福祉用具になるように対応しています。

  • PTによる立位訓練
  • STによる言語訓練
  • OTによる感覚統合
  • ブローンボード立位

ミュージックケア

ミュージックケア中級認定を受けたアシスタントが中心になってミュージックケアを2ヵ月に1回行っています。
音楽の力を利用して聴覚からの刺激で体を動かしたり、太鼓や鈴などの楽器を使ってリズムを振動で感じたり楽しく活動しています。

  • ミュージックケア
  • 小児の治療風景

母子教室

母子教室では、生活の中での注意点や、発達に必要な関わり方などをお伝えし、子どもにとってよりよい環境を支援します。

脳外科外来の受診が必要となります。(毎週火曜日)

まずは お電話にてお問い合わせください。
(電話口で 『小児リハビリの問い合わせです』とお伝えください。
電話番号 0744-45-1199 (平日9時~午後5時まで)

季節ごとにいろいろな企画を開催し喜んでもらっています

レクリエーションの実施

保育士免許を持ったアシスタントを中心に、病院生活を楽しく過ごしていただけるよう様々なレクリエーションを企画しています。

  • バラバルーンによる一体感を
  • 季節に応じた催し(盆踊り)
  • 季節に応じた催し(クリスマス会)
  • 映画観賞会昔懐かしい映画からお笑いまで
  • 好きな字や言葉を思うままに
  • 紙パックダンボール等を使用した小物作り(写真立て)

摂食・嚥下療法(VF検査実施)

私たちは、食べる機能に障害を持った患者さんに

  • (1)治療を通して、出来るだけ回復していただくこと
  • (2) 結果として、食の楽しみを提供すること
  • (3) 摂食機能の改善による全身機能の改善を目指すこと

を提供していきたいと考えています。

VF検査を行って客観的に評価し、摂食機能療法に取り組んでいます。

VF検査とは

ビデオ嚥下造影といい、口腔から、咽頭、食道を流れていく造影剤をX線で透視することにより、嚥下時の全体的な動き、誤嚥の有無、口やのどへの食物の残留の有無をTV画面に映し出し、適切な食事姿勢や食物携帯を確認する検査です。

<検査方法>
  • (1) 患者さんに造影剤を混ぜた検査食を食べて頂きます。
  • (2) 食物がきちんと食道に入っているか、気管に入りかけていないか(喉頭侵入)などを、診断します。
  • (3) 検査時間は、概ね一般的に10分~20分です。